CREDIT

文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」

- 主催
株式会社ライゾマティクス
- 企画・運営
特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
株式会社ライゾマティクス
- ステージ演出 | 振付
MIKIKO(ELEVENPLAY)
- 出演
team A SAYA,MARU,NANAKO,YU,MAI (ELEVENPLAY)
team B KAORI,emmy,TOMO,MIKU,MAYU (ELEVENPLAY)
- 演出技術開発・映像制作
ライゾマティクス
- クリエイティブディレクション | テクニカルディレクション|ソフトウェアエンジニアリング
真鍋大度 (Rhizomatiks)
- テクニカルディレクション | ハードウェアエンジニアリング
石橋素 (Rhizomatiks)
- 音楽
evala
- 照明デザイン
藤本隆行 (Kinsei R&D)
- 舞台監督
尾崎聡,串本和也
- 舞台監督アシスタント
井尻有美
- MRシステムエンジニアリング
花井裕也 (Rhizomatiks)
- ビジュアルプログラミング
堀井哲史 (Rhizomatiks)
計良風太 (Rhizomatiks)
- ハードウェアエンジニアリング
原田克彦(Rhizomatiks)
田井秀昭(Rhizomatiks)
- クラフト
望月俊孝(Rhizomatiks)
毛利恭平(Rhizomatiks)
石川紗季(Rhizomatiks)
- モーションキャプチャーシステム
西本桃子(Rhizomatiks)
- HPLバイノーラルプロセシング
久保二朗(ACOUSTIC FIELD)
- サウンドテクニカルサポート
高柳欽也
2bit
浪川洪作
- オペレーションサポート
石塚直樹(Rhizomatiks)
- テクニカルサポート
本間無量(Rhizomatiks)
上條慎太郎(Rhizomatiks)
樋口詩乃
- CG制作
飯尾明良(1 inc)
黒岩和希(1 inc)
- 4D Views & Motion Capture事前収録
クレッセント
- 衣装
Yae-pon
- マルチアングル配信システム
Gnzo
- 現場制作
竹下弘基(TOW)
三瓶博史(TOW)
- 現場運営
イレブンプレイ
- 宣伝美術
木村浩康(Rhizomatiks)
藤井かおり(Rhizomatiks)
丸野美空(Rhizomatiks)
- Webフロントエンドプログラミング
塚本浩文(Rhizomatiks)
三登健太郎(armsnox)
- Webバックエンドプログラミング
武政竜也 (Rhizomatiks)
佐々木一(mountposition)
椎野峻輔(mountposition)
- エントランスデザイン
細野隆仁 (Rhizomatiks)
- PR
青柳桃子(Rhizomatiks)
- プロジェクトマネジメント
竹村佳保里(Rhizomatiks)
白岩よう子(ELEVENPLAY)
- プロデュース
井上貴生(Rhizomatiks)
- 会場協力
株式会社ワコールアートセンター
- 機材協力
カラーキネティクス・ジャパン株式会社
株式会社 エルザ ジャパン
西川コミュニケーションズ株式会社
株式会社アスク
株式会社アコースティックフィールド

PROFILE

  • MIKIKO

    演出振付家。ダンスカンパニー「ELEVENPLAY」主宰。Perfume、BABYMETAL の振付・ライブ演出をはじめ、様々なMV・CM・舞台などの振付を行う。メディアアートのシーンでも国内外で評価が高く、新しいテクノロジーをエンターテインメントに昇華させる技術を持つ演出家として、ジャンルを超えた様々なクリエーターとのコラボレーションを行っている。

  • ELEVENPLAY

    MIKIKO率いるダンスカンパニー。女性ダンサーのみで編成されており、舞台、映像、スチールなど、表現の場を様々に持つ。Rhizomatiksとのコラボレーションを多く行っており、"Sónar Festival"、"Festival Internacional Cervantino"、"MUTEK MEXICO"、"MUTEK Montréal"、"Gray Area Festival"に招聘されるなど、活躍の場を海外にも広げ、精力的に活動している。

  • 真鍋大度

    東京を拠点に活動するアーティスト、インタラクションデザイナー、プログラマ、DJ。
    2006年Rhizomatiks 設立。身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで作品を制作。高解像度、高臨場感といったリッチな表現を目指すのでなく、注意深く観察することにより発見できる現象、身体、プログラミング、コンピュータそのものが持つ本質的な面白さや、アナログとデジタル、リアルとバーチャルの関係性、境界線に着目し、デザイン、アート、エンターテイメントの領域で活動している。

  • 石橋素

    エンジニア/アーティスト。東京工業大学制御システム工学科、国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)卒業。デバイス制作を主軸に、数多くの広告プロジェクトやアート作品制作、ワークショップ、ミュージックビデオ制作など、精力的に活動を行う。過去に、Ars Electronica 優秀賞、文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞。

  • 藤本隆行

    Kinsei R&Dディレクター・照明家。日本のアートコレクティブ Dumb Typeのメンバーとして舞台作品に関わり、21世紀に入ってからは、Kinsei R&D名義でLED照明などのデジタルディバイスを使った舞台・美術作品を製作・発表。国内外のアーティストとのコラボレーションを活発に行い、2010年からは大阪の山本能楽堂にて、能の演目にLED照明演出を付ける試みも続けている。
    https://kinsei.asia/

  • evala

    音楽家、サウンドアーティスト。
    新たな聴覚体験を創出するプロジェクト「See by Your Ears」主宰。立体音響システムを楽器として駆使し、独自の“空間的作曲”によって、先鋭的な作品を国内外で発表。近作には、映画を「耳で視る」をコンセプトに『Sea, See, She ーまだ見ぬ君へ』(2020年/スパイラルホール)を世界初上演し、大きな話題を呼ぶ。
    現在公開中のインスタレーション作品に『Haze』(十和田市現代美術館/~2021年8月31日まで)、『Grass Calls』(銀座 GINZA SIX屋上庭園)/~2021年2月23日まで)。
    https://evala.jp/
    https://seebyyourears.jp/